自分の中でも不安だけど書いていた

これまでにお世話になった人や長らく会っていない友人などに自分の近況を知らせ、いつまでもつながっていたいという気持ちが強くあり、毎年年賀状を書いています。年賀状の書き方は人それぞれ異なりますが、自分の中でもこれでよいのかと不安を感じながら年賀状を書いていました。
特に、職場の上司や先輩、学生時代の恩師などに対する年賀状を書く際には、敬語の使い方や誤字脱字などにも気を使いながら毎年書いています。正しい書き方がわからず、常に不安を感じながら書いていましたので、受け取った人がどう感じているのかという点も気になっています。
年に一度、遠く離れている人とお互いの現在の状況を知らせあい、交流を深めることができますので、非常に懐かしく楽しい作業ともいえるのです。年末が近づいてくると準備を始めますが、年賀ハガキを購入して来年の干支を確認することが習慣になり、毎年の生き甲斐ともなっています。
多くの人が日本ならではの習慣を楽しんでいるのです。

About

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>