気持ちを込めた書き方

年賀状は、いつもお世話になっている相手をはじめ、ご無沙汰している人にまで、新年の挨拶として昔から幅広く利用されている大切な季節の挨拶状です。最近ではメールで済ましてしまう人や、プリンターで印刷されたデザインの年賀状を使用する人も増えていますが、印刷されたものを使用する場合でも、空いたスペースに手書きで一言添えるだけで、相手へ良い印象を与えますし、気持ちのこもった年賀状に生まれ変わります。
年賀状を出す場合は、できれば元旦に、遅くとも1月7日までの間に届くよう、できるだけ早めに投函します。もしも松の内である1月7日を過ぎてしまった場合は、「寒中見舞い」として送りましょう。
また、年賀状を書く場合、基本的には他の用件は記入しません。しかし、結婚や出産、転居の報告に関しては兼ねて出してもよいとされています。また、気をつけたいのが送る相手に失礼のないよう、それぞれにあった賀詞を使用したり、デザインを変更するという点です。上司や目上の人へ送る場合の賀詞は、謹賀新年や恭賀新年、謹んで新年のお慶びを申し上げます、一方で親しい間柄の人物へ送る場合は明けましておめでとうや、A Happy New Year、目下や普通の友人の場合は賀正や迎春、頌春、新春などを使うのが一般的です。
さらに、プライベートで関わりを持たない会社の上司や、ビジネスで取引がある相手へ使用する年賀状には、子供の写真を載せたり、個人的な内容を書くことのないよう、書き方やデザインに注意することが礼儀です。また、年号に続く月日の書き方は、投函する日が遅く、明らかに1日に相手の手元へ届かないという場合には、「元旦」という言葉を使用せず、「正月」や「一月」などを使うようにしましょう。
宛名書きは、個人名を宛名にするなら「様」を、会社名を宛名にするなら「御中」を使用します。このとき、「○○会社御中 ○○様」とするのは誤りです。正しい書き方は、「○○会社 ○○様」となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>