自分の中でも不安だけど書いていた

これまでにお世話になった人や長らく会っていない友人などに自分の近況を知らせ、いつまでもつながっていたいという気持ちが強くあり、毎年年賀状を書いています。年賀状の書き方は人それぞれ異なりますが、自分の中でもこれでよいのかと不安を感じながら年賀状を書いていました。
特に、職場の上司や先輩、学生時代の恩師などに対する年賀状を書く際には、敬語の使い方や誤字脱字などにも気を使いながら毎年書いています。正しい書き方がわからず、常に不安を感じながら書いていましたので、受け取った人がどう感じているのかという点も気になっています。
年に一度、遠く離れている人とお互いの現在の状況を知らせあい、交流を深めることができますので、非常に懐かしく楽しい作業ともいえるのです。年末が近づいてくると準備を始めますが、年賀ハガキを購入して来年の干支を確認することが習慣になり、毎年の生き甲斐ともなっています。
多くの人が日本ならではの習慣を楽しんでいるのです。

書いていて失敗したと思う瞬間が

毎年の恒例作業として年末が近づいてくると年賀状を書いています。年賀状の書き方は、送る相手によっても違ってきます。親しい友人や同僚に対しては、可愛いイラストや写真などを添えて親しみを込めてコメントを書きます。上司や恩師などお世話になった目上の人に対しては、きちんとした年初の挨拶を書きます。
年賀状は、日頃の感謝と今年もよろしくお願いしますという気持ちを込めて書くものですが、失敗したと思う瞬間もよくあります。例えば、うっかりして漢字を間違えてしまったり、他の友人に書く内容を上司宛のハガキに書いてしまうなど、数々の失敗した経験も多くあります。気づかずに投函してしまうと相手にも非常に失礼になりますので、年賀状を書く際には間違いがないかを十分にチェックしてから投函することが大切なのです。
このように、毎年必ず行っているこの作業は、人と人とのつながりを大事にして、今後も良い人間関係を築いていきたいと願っている人々から高い信頼を得ています。

基本的な書き方くらいは

年末になると多くの人が準備するのが年賀状です。年賀状は相手に新年もよいお付き合いをお願いするために出すものです。したがって基本的な書き方を把握しておくことが何よりも大切となります。
基本的な書き方は人に教えてもらうか自分で調べることができます。干支に合わせた絵柄が選ばれることが多く、その絵柄と共に新年を迎える言葉を添えます。言葉を添えるときは失礼がない言葉を書く必要があります。一年の間に自分にあった出来事を書く事もよい書き方です。そうすることで自分の近況を相手に伝えることができます。
字を記入するときは丁寧な字で書く必要があり、そうすることで相手に礼儀を示すことができます。
大切なことは余裕をもって年賀状を作成することです。そうすることでゆっくりと落ち着いた気分で作成することができます。
職場の上司にあてる年賀状の場合は最も失礼がないようにする必要があります。
正しい挨拶文を書いて送ることで、その後も気持ちの良い関係を続けることが可能です。

Page Navigation